母子連とは、一般財団法人 神奈川県母子寡婦福祉連絡協議会の略称です。母子家庭、父子家庭のひとり親家庭を支援しています。 (平成25年4月1日より「一般財団法人 神奈川県母子寡婦福祉連絡協議会」に名称を変更しました)

母子連について

設立趣旨

母子連は、神奈川県(横浜市および川崎市を除く。)内の母子および寡婦等の福祉増進を図るとともに、県内の母子福祉団体の連絡機関として、その健全な発達を推進するために、設立されました。

事業内容

○県内の母子福祉会との連携
○就労支援事業   
○生活支援   
○母子寡婦福祉増進のための運動の展開   
 ・母子寡婦福祉大会の実施   
 ・地域指導者研修会の実施   
 ・厚生事業の実施   
 ・機関紙「しらゆり」の発行   
○託児事業   
 

機関紙

 機関紙 「しらゆり」 および、母子部発行の「mam-m(マム・マガジン)」を掲載します。 

しらゆり 2015-11.pdf

しらゆり 2015-07.pdf

しらゆり 2014-07.pdf  mama-m 201411.pdf         

しらゆり 2013-09.pdf      mama-m 201311.pdf

しらゆり 2013-03.pdf  mama-m 201303.pdf

沿革

昭和27年11月18日母子福祉の推進と地域団体の連携を図るため、県内各市、区、郡を単位とする17団体により、未亡人団体協議会を設立。
昭和38年3月13日活動の活性化と会員構成等の変化にあわせた組織の活性化をはかるため、(財)神奈川県母子福祉団体連絡協議会として法人化。
昭和57年県立婦人総合センター(現:県立かながわ女性センター)内に事務所を移転。
昭和58年母子および寡婦福祉法が施行されたことに伴い名称を(財)神奈川県母子寡婦福祉連絡協議会に変更。
昭和60年横浜市および川崎市が分離独立し、現在に至る。
平成25年「一般財団法人 神奈川県母子寡婦福祉連絡協議会」に名称を変更しました
平成26年事務所移転(藤沢市朝日町9-4 朝日ビル2階203)

 

事務局について

 平成26年12月15日に事務所は移転しました。

事務所移転のお知らせ.pdf